歯科と薬局のうがい薬

歯科と薬局のうがい薬について

歯科推奨のうがい薬は薬局で!

毎日でも使いたいうがい薬は、家に買い置きしているという方も多いでしょう。その薬、信用できるものですか?口に入れるお薬でありながら歯やのどに効果があるものですので、しっかりと安心できて効果のあるものを選びたいですよね。そんな方には歯科が推奨し、薬局で販売しているうがい薬をオススメします。歯や口内のプロである歯科だからこそわかる口内の危険・薬選びの重要さは、やはり無視されがちなものです。人気のあるものもいいですが、しっかりとプロが推奨するものを購入し喉・口内・歯の健康を維持しましょう。子供でも使える薬だからこそ、自分だけではなく家族の健康も考えて選びたいものですね。

歯科では抜歯時にうがい薬が処方

歯科医院でうがい薬が処方されることがあります。その代表的なケースが抜歯後にうがいをするように指示されるケースです。抜歯は手術にあたる治療で、その後の細菌感染が重要です。抜歯直後は出血しやすく、該当の箇所を丁寧にブラッシングするのが困難であるため、感染対策のために殺菌効果のあるうがい薬が処方されます。処方は数回分が一般的で、抜歯後のチェックのために受診するまでうがいをするように指示されます。歯科では、歯周病の治療のために歯茎を切開した後やインプラントの手術で人工歯根を埋め込んだ後にも処方されます。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科と薬局のうがい薬について All rights reserved